出会えるアプリに登録したら写真とプロフィールは意識する

写真は最重要!いい出会いのためのいい写真の選び方

インターネットの上でのやりとりだからこそ、出会系アプリなどでは、相手を知る情報として写真はとても重要な決め手です。どんな写真を掲載すればいい出会いにつながるのか、ちょっと見てみましょう。

顔写真を載せるのは最低限のマナー

顔写真

自分の見た目に自信が無いからあんまり写真載せたくないなあと思っても、顔写真が載っていないプロフィールでは、見てもらえたり興味を持ってもらえる確率が随分違ってきます。写りがいい写真のほうがもちろんベターですが、イケメンさを追求したり、写真アプリで変に加工する必要はないでしょう。

どんな写真だったら出会いが見込める?

出会系アプリに登録するためだけに新しく写真を撮る必要は必ずしもありません。友達と呑んだ時にとった写真なんかでもいいのです。また、自分で決められない場合は、他人の意見を聞いて見るのも案外良い結果につながります。本人は思ってもみなかったアピールポイントを探してもらえるかもしれません。ベストなのは友達とわいわい撮った写真などですね。積極的で、明るい印象を相手に与えることができるはずです。そうした写真を出会い系アプリに載せることができれば、出会いの確率もぐんと上がるでしょう。

自分で写真を撮る時のポイントは?

友達と映った写真になかなかいいのが無い、というときは、自分で撮るのも勿論アリです。鏡をうまく利用したり、角度を探したりするのも大事ですが、室内で撮るよりも、外で撮ったほうがうまくいくパターンが多いようです。一人だけが映った写真の場合、春なら桜、夏なら水辺というように背景に季節感を持たせると、親近感を持ってもらいやすいようですので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

写真を撮るときの服装や容姿についつい気をとられがちですが、大事なのは清潔感と誠実さ。無理に背伸びをすることなく、等身大のあなたを知ってもらえるような写真を使えるといいですね。

プロフィールを書く上で参考にしたい3つのこと

プロフィールを書く

どんな出会い系アプリでも、まず相手が見るのはプロフィールだと思います。このプロフィール、簡単に書けるようで実はなかなか難しいもの。ここではそんなプロフィールを書く上で気をつけたいことをご紹介していきます。

プリクラじゃない写真を載せよう

オフラインの友達や元彼、元カノと撮ったプリクラを載せている場合が結構多いですが、ちょっと待ってみてください。ノリがいいことはアピールできるかもしれませんが、たいていの場合、プリクラを載せているとかなりチャラく見えてしまいます。いまから出会おうとする相手には、仲間内のネタはあまり通用しないということもあるでしょうから、ぜひ最初の一枚にはプリクラではない画像を使ってみてください。

嘘はいけないけど、オブラートには包もう

文字で自分を表そうとした時、ついついやってしまいがちなのが、本当は卒業していない学校名を出したり、仕事の内容を盛ったりすることです。実際と違う内容を書くのは、いざ相手と会ってみた時、ボロがでやすいもの。こういう場合は、嘘を書くのではなくて、実際のことをうまくオブラートに包んで言い回しを考えてみましょう。

最後は本音が一番強い

自分の本当の気持ちを偽ってプロフィールを書いたり、作ったキャラクターで相手と話していると、最初はいいかもしれませんが、必ず無理がくるはずです。最初は怖く思えるかもしれませんが、自分がこのアプリで求めていることを正直に書く(もちろん、オブラートに包んでですが)ほうが、最終的にはいい相手とマッチングできる可能性が高いと言えるでしょう。

一番はじめに相手の目に触れるプロフィールだからこそ、気合を入れて準備することになるかと思います。本当とは違うことを書いてあとで後悔するより、最初から誠実に書いておけば、あとあと良い出会いを期待できるはず。ぜひ、こうしたことを参考に、あなたならではのプロフィールを作ってみてくださいね。

出会いが欲しい人は出会えるアプリに登録することが大事です。